【寝るとき用】着圧ソックスおすすめランキングとその効果!

どの着圧ソックスがよいのか悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、寝るとき用の着圧ソックスのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

寝るとき用おすすめ着圧ソックスランキング!

おすすめの着圧ソックスを紹介していきます。

1位:エクスレッグスリマー

エクスレッグスリマー
ポイント
  1. 足がドンドン細くなる魔法のストッキング
  2. 徹底的に分析された加圧構造
  3. 必要なのは付けて寝るだけ
  4. 下半身をくまなく刺激効果
価格 4,276円(税込)
素材 ナイロン90%
ポリエステル5%
ポリウレタン5%
サイズ レディースサイズ
カラー

2位:クイックビューティーレッグ

クイックビューティーレッグ
ポイント
  1. 履くだけで骨盤矯正
  2. 脂肪を効率良く燃焼
  3. セルライト撲滅
  4. 美脚育成!憧れのカモシカ脚に
価格 3,218円(税込)
素材 不明
サイズ フリーサイズ
カラー

3位:レッグシェイプレギンス

レッグシェイプレギンス
ポイント
  1. 骨盤のズレを徹底的に補正
  2. 多段階着圧
  3. 強力ヒップアップ
  4. 高純度ナノシルバー配合だからニオイも安心
価格 3,218円(税込)
素材 ナイロン91%
ポリウレタン9%
サイズ フリーサイズ
カラー ブラック

寝るとき用着圧ソックスのメリット・デメリット!

メリット・デメリット
寝るとき用の着圧ソックスのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 1日の脚の疲れを翌朝に残しにくい
  • 寝起きのむくみが発生しにくい
  • 脚の血行が良くなるから自然と美脚を目指せる
  • 履いてるだけでいいので簡単に対策できる
  • 睡眠中の代謝改善が栄養吸収力を高め美容にも良い
デメリット
  • 人によっては圧迫感が不快に感じる
  • 夏場は暑い
  • 安物だとかゆみやムレを引き起こしやすい

着圧ソックスが血行促進してくれるため、寝ているときに脚に溜まりがちな血液をうまく循環させてくれて1日の疲れを翌日に残さない効果が期待できます。

一方で、商品や個人差はあるものの履き心地に難がある・・・なんて場合もあるので商品選びは慎重にならなければなりません。

寝るとき用着圧ソックスがおすすめな人・おすすめじゃない人!

おすすめな人・おすすめじゃない人
メリットデメリットを踏まえて、どんな人におすすめできて、どんな人におすすめできないのか解説します。

おすすめできる人
  • 朝のむくみがヒドイ
  • 脚の疲れが毎日辛い
  • 美脚を目指したい
  • 痩せたいけどダイエットにたくさん失敗してきた
  • 冷え対策をしたい
おすすめできない人
  • 圧迫感が苦手
  • むくみや冷えには困っていない
  • 脚は特に疲れていない
美脚を目指す万年ダイエッターにおすすめ
着圧ソックスは寝るときに履くだけでOKなのでむくみや冷えに悩んでいる人はもちろん、特に美脚になりたいけどなかなかダイエットが続かないという人におすすめです。

QA1:寝るときに着圧ソックスを履くとむくみの解消・予防効果を生む理由は?

女性に多いですが、寝るときに着圧ソックスを履いている人がいます。

専用の着圧ソックスが出ており、足がパンパンになって疲れている時などに履くことが多いでしょう。

寝るときに着圧ソックスを履くとなぜむくみの解消や予防できるのかと言うと、寝ているときの姿勢に関係しています。

横になって寝るために、起きている時とは姿勢が全く違います。

しかも、女性は筋力が弱いのでふくらはぎのポンプ機能がうまく働いていないことが多いので、朝起きた時に顔がむくむことがあるかもしれません。

起きているときは重力で足に水分が溜まりやすいですが、寝ている時は全体的に水がたまりやすくなるので、顔がむくむ人もいます。

ふくらはぎのポンプ機能が低下している人が寝るときに専用の着圧ソックスを履けばふくらはぎのポンプ機能の手助けをするためにポンプ機能が改善されるためにむくみを解消したり、予防できるというわけです。

毎朝のように顔がパンパンにむくんでしまう人も、疲れて足が動かないような状態になったから朝むくみそうだと思った時に着圧ソックスを履いて眠ると、朝起きた時に、顔もむくむことなくすっきりしているでしょう。

むくみやすい人は試してみると良いかもしれません。

QA2:寝るときに着圧ソックスを履くと疲れの解消・対策効果を生む理由

足が棒になるくらいに疲れ切ってしまうことはありませんか。

たくさん歩き回ったり、走ったりすると足が疲れます。

このままの状態で寝てしまえば、明日に疲れが残ってしまうと思いませんか。

一晩寝てすっきりと疲れを取りたいと思ったら、寝るときに着圧ソックスを履いてください。

やはり、ふくらはぎのポンプ機能が改善することが関係しています。

血流が改善されますから、代謝が良くなります。

また、セルライト対策にも役立ちますから、足がむくみにくくなり、疲れにくくなるでしょう。

特に寝るとき専用の着圧ソックスはよりむくみを予防・改善する効果が高くなるように設計されているために、疲れが取れやすくなっています。

だから、足をマッサージしなくても朝になると足が軽くなっているはずです。

寝るときの姿勢などを考えて設計していることがポイントです。

だから、寝るときには昼用を履かないでください。

必ず寝るとき専用の着圧ソックスを履かないとかえって疲れてしまうかもしれません。

昼用の方が圧が高くなっているために、疲れ取りと言うよりはダイエットに向いています。

夜に履く寝るとき専用ならば昼用ほど圧が強くはないために、安心して履いたまま寝ることができます。

QA3:寝るとき以外は着圧ソックスは履いた方が良い?悪い?

寝るとき以外も着圧ソックスを履いても構いません。

ただし、昼用を履くことがポイントです。

やはり、起きている状態で使用するので、そのことを考えて設計されている昼用でないと思うような効果が得られない可能性があります。

比較的圧が強めですから、起きている間だけの使用にしてください。

また、一日中履き続けることはあまりお勧めできません。

特に昼用は圧が強いために、長時間履き続けてしまうとかえって血流が滞ってしまうために、疲れやすくなる恐れがあります。

ふくらはぎのポンプ機能を助ける役割があるとは言え、圧が強いので外出している時は普通のストッキングなどを履き、家に帰ってからお風呂に入るまでの間に着圧ソックスを履くということであれば、疲れやすくなることもなく、適度に疲れが取れるでしょう。

生理周期のことも考えて着用するかしないかを決めましょう。

生理中はむくみやすくなるのですが、体がだるくなったりもしますので、あまり無理をしてまで履く必要はありません。

むくみが気になって履いてみたけれど、体調が優れないと思ったらすぐに脱いでください。

正しく使えばむくみや疲れが取れる優れものですが、体調とよく相談した上で使うようにしましょう。

QA4:妊婦は寝るときに着圧ソックスを履いてよい?悪い?

お腹の中に赤ちゃんがいると子宮が大きくなるために、静脈が圧迫されてしまいます。

血液の循環量も多くなるので、むくみには気を付けなくてはなりません。

妊婦になってからむくみがひどくなったという女性は多いはずです。

やはり、妊婦は寝るときに着圧ソックスを履いてみてください。

いつも朝起きた時にむくんでいたり、疲れが残っていた人もすっきりと起きられるかもしれません。

寝るとき専用の着圧ソックスならば、圧が程よくかかるのであまり心配しなくても良いでしょう。

圧迫され過ぎないために、妊婦が履いて寝ても問題は起こらないはずです。

むしろ、むくみ防止や改善に役立つので履いて寝たほうが良いくらいです。

むくみは、妊婦になると多くの女性が経験することですから、何とかしたいと思っている女性は多いかもしれません。

寝るとき専用の着圧ソックスを履くだけで良いのならば、簡単ですしやってみてください。

必ずしも圧が高ければ良いというわけではありません。

むくみを解消するくらいの圧があれば十分です。

だから、購入する時は、圧力の数値が高いものを選ぶ必要はありません。

どれを買って良いのか迷うこともあるかもしれませんが、数値を比較して高すぎないものを選んでみてください。