【メンズ】着圧ソックスおすすめランキングとその効果!

どの着圧ソックスがよいのか悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、メンズ用の着圧ソックスのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

メンズにおすすめ着圧ソックスランキング!

おすすめの着圧ソックスを紹介していきます。

1位:俺の 着圧 極み

俺の 着圧 極み
ポイント
  1. オシャレなデザインと実用性
  2. 着圧ポイントを外さないピンポイント設計
  3. むくまない・むれない
  4. 抜群の吸収性と通気性
価格 1,980円(税込)
素材 コットン
ナイロン
サイズ S/24~25cm
M/25~26cm
L/26~27cm
LL/27~28cm
カラー ブラック
ネイビー
グレー

男のむくみの解消・予防効果がある理由

着圧ソックスは男性用の製品も販売されています。

足のむくみに関しては男女の関係なく発生するもので、特に立ち仕事の時間が長い男性であれば足のむくみはかなりのものとなります。

女性用の着圧ソックスでもサイズが合えば問題なく着用でき、むくみ解消も可能ですが、サイズが合わない場合には無理に着用すると圧力が強くかかりすぎるなどして良い効果が得られません。

メンズ用として販売されている着圧ソックスは、男性向けとしてサイズを調整していますので、より着圧を効果的にかけることができます。

足のふくらはぎを中心に圧力をかけることで、血流が良くなりむくみが解消できますので、むくみに悩む男性にぜひおすすめです。

男の疲れの解消・対策がある理由

疲れの原因となる血液内の老廃物は、下半身に滞留してくるとさらに疲労感が強く感じられるようになるものです。

その対策として足をマッサージをしたり運動をしたりすることが望ましいものですが、業務中ではなかなかそのような時間が取れないことも多いものです。

着圧ソックスをはいていると、その圧力がマッサージと同じような効果を生み出しますので、足のむくみをすっきりと解消することや、老廃物が溜まることを防止する対策となります。

長時間の立ち仕事も快適に行うことができますので、実際に男性の方も着圧ソックスをはいてみてはいかがでしょうか。

メンズのスポーツ用着圧ソックスはある?

メンズのスポーツ用の着圧ソックスは各種メーカーから販売されています。

コンプレッションタイプのソックスは通常の運動用に適した比較的着圧間の弱いものから、しっかりとしたトレーニングに向いている強い圧力のもの、リラックスする時にはくリカバリー用のものなど、豊富にあります。

またつま先の部分が開いているスポーツ用の着圧タイツも種類が多く、ハーフパンツとタイツを合わせるというコーディネートも人気があります。

着圧の強さやデザイン、カラーなどを多くの中から選べますので、好みのものを見つけて積極的にスポーツの際に取り入れましょう。

メンズ着圧ソックスの就寝用・夜用はある?

就寝用の着圧ソックスは、女性用の商品が主流でありメンズ製品はそれほど多くはありませんが、スポーツ用品専用のメーカーから就寝時や非スポーツ時に着用することを推奨している着圧タイツが販売されています。

また女性用の就寝用の着圧ソックスは、比較的圧力の軽い製品が多く見られますので、男性でも着用することが可能な製品もあります。

医療用の着圧ソックスは基本的に入院時の血栓防止に使用されますので、男性用サイズの製品も見られます。

自分に合ったサイズの夜用の着圧ソックスをはいて、次の日に疲れを残さずにスッキリと起きたいものです。

薬局で買えるメンズ着圧ソックスはないの?

メンズ着圧ソックスは、薬局でも手軽に購入することが可能です。

女性用の着圧ソックスや着圧タイツなどの販売コーナーに並べられていることが多く見られますので、実際に手にとってどの程度の圧力があるのかを確かめてみると良いでしょう。

また、男性用の着圧ソックスは丈の長さがくるぶしまでの場合が多くなっています。

防寒性を求めたい人や、より広範囲に着圧を与えたいという人であれば女性用着圧タイツのLからLLサイズなどを試してみるのも良いでしょう。

薬局の販売コーナーには生地の見本が備えられている場合がありますので、手触りなどからはき心地を確かめるということができることもメリットです。

メンズ着圧ソックスは飛行機の中で使うと効果的?

メンズ着圧ソックスはエコノミークラス症候群を防ぐという観点からも、きわめて効果的です。

エコノミークラスの座席で飛行機に搭乗中の場合は、狭い空間で足を曲げて座っている時間が長くなり、血流が悪くなってしまいます。

血栓ができてしまった場合には、立ち上がるとその血栓が動いて心臓に到達し、急性の心不全を引き起こしてしまう可能性もあります。

メンズ着圧ソックスの着用によって、血栓の発生を防ぐことができますので、ぜひ長時間のフライト予定のある方は着圧ソックスをはいていきましょう。

水分を多くとることもエコノミークラス症候群の防止に効果的です。

また、着圧ソックスをはいたまま足を少し動かすなどでさらに効果が高まります。