【妊婦用】着圧ソックスおすすめランキングとその効果!

どの着圧ソックスがよいのか悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、妊婦用の着圧ソックスのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

妊婦用おすすめ着圧ソックスランキング!

おすすめの着圧ソックスを紹介していきます。

1位:ホットキュット マタニティ着圧ソックス

ホットキュット マタニティ着圧ソックス
ポイント
  1. 遠赤外線で足首ポカポカ
  2. 段階着圧でむくみ軽減
  3. 選べる昼用・夜用・夜用ロング
  4. 昼用ブラック、夜用ピンクの2色
価格 2,160円 (税込)
素材 (夜用 )ナイロン 68%、 ポリウレタン 18%、 ポリエステル 14%
(夜用ロング )ナイロン 78%、 ポリウレタン 17%、 ポリエステル 5%
サイズ 昼用 S-Mサイズ ブラック
昼用 M-Lサイズ ブラック
昼用 L-LLサイズ ブラック
夜用 S-Mサイズ ピンク
夜用 M-Lサイズ ピンク
夜用 L-LLサイズ ピンク
夜用ロング S-Mサイズ ピンク
夜用ロング M-Lサイズ ピンク
カラー 昼用 ブラック
夜用 ピンク

2位:エクスレッグスリマー

エクスレッグスリマー
ポイント
  1. 足がドンドン細くなる魔法のストッキング
  2. 徹底的に分析された加圧構造
  3. 必要なのは付けて寝るだけ
  4. 下半身をくまなく刺激効果
価格 4,276円(税込)
素材 ナイロン90%
ポリエステル5%
ポリウレタン5%
サイズ レディースサイズ
カラー

3位:スラリスリム

スラリスリム
ポイント
  1. 段階着圧構造で適度な着け心地
  2. 履いて寝るだけ翌朝スッキリ
  3. ニーハイで太ももまでカバー
  4. 選べる3色のカラー
価格 1,890 円(税込)
素材 ナイロン90%
ポリエステル5%
ポリウレタン5%
サイズ フリーサイズ
ロング
カラー ブラック
パープル
ピンク

妊婦用着圧ソックスのメリット・デメリット!

メリット・デメリット
妊婦用の着圧ソックスのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 静脈瘤の予防が期待できる
  • 足が疲れにくくなる
  • 血流がよくなり冷え・むくみ対策になる
  • 代謝がよくなるので栄養循環がよくなる
  • お腹の赤ちゃんに影響なし
デメリット
  • 毎日履くのが面倒
  • 付け心地が悪いものを選ぶとストレスになる

妊婦になると特に足の疲れが増して、むくみやすくなったり、冷えを悪化させることもありますが着圧ソックスによって対策できることがメリットです。

一方で、着圧ソックスは基本的に毎日履くものですが、続けるのが面倒になったり痒みが出たりしてストレスになるというデメリット(商品による)もあります。

妊婦用着圧ソックスがおすすめな人・おすすめじゃない人!

おすすめな人・おすすめじゃない人
メリットデメリットを踏まえて、どんな人におすすめできて、どんな人におすすめできないのか解説します。

おすすめできる人
  • 妊娠によって疲れが出やすくなった
  • 普段からむくみや冷えが気になっていた
  • 代謝を良くして栄養を効率よく補給できるようにしたい
おすすめできない人
  • 毎日着用するのは億劫になる
  • 脚のむくみや冷えは特にない
  • 素足でいるのが好き

妊娠により着圧ソックスを利用する主な効果は冷えやむくみ・疲れ予防や代謝アップの効果です。これらの効果不要な人には着圧ソックスを利用する価値はありません。

また、脚をある程度着圧するため圧迫感を嫌うような人には向かないかもしれません。

注意
着圧ソックスは下手な商品を選ぶと効果が得られない&履き心地が悪い!となってしまいます。着圧ソックスの選び方は十分に注意しましょう!

QA1:妊婦の浮腫みへの効果は?

浮腫みとは、体内の余分な水分や老廃物が溜まっている状態です。

これらはリンパや血液の流れが悪くなることが原因で起こる症状です。

妊婦の場合は赤ちゃんの成長のために血液量が増加し、それでいてお腹が大きくなると下半身の血管が圧迫されるようになります。

その結果、足の血液が心臓に戻りにくくなり、ぱんぱんに浮腫んでしまうことがあります。

しかし、このような時に着圧ソックスを使うことで、ぱんぱんに膨らんだ足のだるさや痛みを改善できる可能性があります。

マッサージによってもこれらの症状は改善できますが、お腹が大きくなると自分でマッサージを行うのは一苦労です。

そのため妊娠中であれば着圧ソックスを履く改善方法が良いでしょう。

QA2:妊婦の静脈瘤への効果

静脈瘤とは足の血管に起こる病気の一つです。

血管が圧迫されることで血流が悪くなり、その結果として足の血管が瘤ができたように膨らむことがあります。

これが静脈瘤と呼ばれる症状です。

静脈の弁がきちんと閉じなくなることで血液が逆流し、血管が盛り上がっている状態です。

静脈瘤ができてしまうと足の疲労やだるさが強くなる他、放置しておくと血栓ができることもあります。

酷い場合は手術が必要になることもあるため、できるだけ早めの処置が必要です。

この静脈瘤ですが、比較的軽い状態であれば着圧ソックスを履くことで改善できることがあります。

また血流が滞りやすい妊婦の場合、日頃から着圧ソックスを使うことで静脈瘤を予防する効果が得られます。

QA3:妊婦の足がつることへの効果

妊婦に起こりやすい症状の一つに、足をつってしまうこむら返りと呼ばれるものがあります。

妊娠後期に起こりやすく、脚の筋肉に通常よりも負担がかかることにより、過剰に収縮することが原因です。

またお腹が大きくなることで血流が悪化し、筋肉に十分な栄養が届かなくなることも原因です。

このこむら返りを改善・予防する意味でも着圧ソックスの使用は効果的です。

足に適度な圧力が加わることで血流が改善され、筋肉に必要な栄養素が届きやすくなります。

更には程よく刺激されることでマッサージに近い効果が得られ、筋肉に溜まりやすい疲労を和らげることも可能です。

就寝中のこむら返りに悩まされている人は、夜眠る際に着用すると良いでしょう。

QA4:妊婦が寝る時の使い方

妊婦が眠る時に着圧ソックスを着用することで、就寝中にこむら返りが起こるのを予防したり、むくみを改善して足の疲労を取り除きやすくできます。

症状が辛くなりやすい妊娠後期には特におすすめです。

ただし、1日中着用し続けると締め付け過ぎとなり反って足に負担をかける原因になります。

そのため、就寝中に着用する場合は日中には使用しないようにするなど、メリハリのある使い方をしましょう。

また、睡眠中はある程度まとまった時間となることから、より良い効果を得るためにも自分に合った着圧ソックスを選ぶことが大切です。

圧力が強いものの場合は良質な睡眠を妨げることもあるため、就寝時に使用する着圧ソックスは日中よりも圧力が弱めのものだと安心です。

QA5:妊婦の飛行機での使い方は?

妊婦が飛行機に乗る場合、エコノミー症候群が起きやすいため注意が必要です。

エコノミー症候群とは同じ姿勢を取り続けることで血流が悪化し、血栓ができて肺に届く症状です。

妊婦の場合は出産に備えて血液が通常よりも固まりやすくなっているため、尚更エコノミー症候群の不安が高まります。

しかし、そのような時に着圧ソックスを使用することで血流の悪化を防ぎ、エコノミー症候群を防げる可能性が高まります。

また飛行機内は夏でも冷えやすく、このことも血流の悪化に繋がります。

ですが着圧ソックスによって足に適度な圧力が加わり続けることで、足先の冷えの解消にも役立ち、機内での環境をより過ごしやすいよう変えてくれるでしょう。

尚、狭い機内での着脱はお腹の大きな妊婦には厳しいため、飛行機に乗る前に着用しておくと安心です。