着圧ソックスは脚痩せ効果なし?詳しく解説!

着圧ソックスを利用して綺麗な脚になりたいと考えていませんか。

CMなどでも美脚効果が宣伝されていますが、何故着圧ソックスが脚痩せに効果的なのか解説していきます。

なぜ効果がある?着圧ソックスが足痩せに効果的な理由!

着圧ソックスは足に圧力を加えることにより、下半身に余分な水分が溜まることを防ぐ効果があります。

むくみやだるさなどの症状を和らげてくれることも特徴で幅広い方々が使用しています。

そもそも、むくみというのは本来吸収されるはずの水分が溜まってしまうことで起こります。

水分は細胞と細胞に溜まり、なかなか抜けづらい状態になってしまいます。

そこで着圧ソックスを着用することによって極力無駄なスペースを作らないことがむくみの予防に役立ちます。

心臓から全身に送り出された血液は足の裏まで回って返ってきます。

しかし、足の裏から心臓までのルートは重力に逆行することになるため、体を動かしていないとなかなか順調にいかない恐れがあります。

それゆえに着圧ソックスを着用し、足の裏の血管を刺激することが有効となります。

普通に座っているだけでも着圧ソックスがあるとないでは大きく変わります。

セルライトの解消にも着圧ソックスが効果的な理由!

セルライトを解消して足痩せを実現したいという方にも着圧ソックスはおすすめです。

仕事をするにしても家事をするにしても、多くの方は何らかの形で歩く機会があります。

しかし、少し歩いただけではむくみが解消されないというケースも多いです。

これはむくみがかなり頑固な状態になっており、歩いた刺激が血管へと伝わりにくくなってしまっている恐れがあります。

そこで着圧ソックスを着用し足を適切にほぐすことで血行への刺激を大きくすることをお勧めします。

同じ歩行をしていても消費カロリーが変わる可能性もあります。

また、血行が良くなることも足痩せに繋がります。

血行は酸素や栄養分を細胞へと運びます。

酸素や栄養分を得られた細胞は動きが活発になるので代謝が上がることも期待できます。

下半身の代謝が良くなることは足痩せ及び、下半身のセルライト除去へと繋がります。

何気ない動きをダイエットに繋げてくれるのが着圧ソックスです。

着圧ソックスで足痩せするための効果的な使い方!

着圧ソックスで足痩せを行いたい場合は特にサイズにこだわっておく必要があります。

サイズが大きすぎると血管に刺激を与える効果が薄くなり、結果的に痩せる効果も減ってしまいます。

しかし、あまりにきつすぎると負担が大きくなるので注意が必要です。

平常時の足に着用して少しきつさを感じる程度にしておくことをおすすめします。

着圧ソックスは日常の何気ない動作においても大きな効果を発揮しますが、ちょっとした運動を組み合わせることでその効果は格段にアップします。

マンションにお住いの方はエレベーターではなく階段を使う、一駅分歩くといったことが有効です。

人の足は状況や時間帯、体調などによって太さが変わります。

そのため、普段は全く問題のない負担でも、たまたまむくんでしまった時に着圧ソックスが非常にきつく感じることもあります。

その場合は念のため、外してみることをお勧めします。

着圧ソックスで足痩せするのに必要な期間は?

着圧ソックスの効果がいつ出るのかということを断言することは難しいです。

それぞれ足の太さも筋肉量も全く異なるからです。

ただ、むくみ解消という意味では比較的早い段階で効果が現れるケースが多いです。

むくませたくない日の前の日に着用しておけば効果を発揮する可能性は高いと言えます。

しかし、塩分を摂りすぎたり、アルコールの摂取量が多かったりすると着圧ソックスの効果が少なくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

このむくみの解消効果は一時的なものですが、セルライトの減少まで起こすことが出来ると足痩せの実現に近づきます。

そのためにはそれなりに長い期間をかけて着圧ソックスを着用する必要があります。

具体的な期間を述べるのは難しいですが、半年からいちねんという長いスパンで考えていくのがおすすめです。

途中で履くのをやめてしまうと戻ってしまう恐れがあるので着用し続ける必要があります。