着圧ソックスを履くとかゆい!その原因と対策を解説!

着圧ソックスを履くとかゆいんだよなと悩んでいませんか?

かゆみの原因と対策を詳しく解説していきます。

着圧ソックスのかゆみの原因!素材の影響!

着圧ソックスを履くと痒くなるという方は、ソックスの素材に影響を受けている可能性があります。

着圧ソックスの素材はメーカーやブランドによって違いがありますが、コットンやシルクなどの天然素材が混ざっているものであればそれほどお肌の潤いを奪われることはありませんが、ナイロンやポリウレタンなど化繊の素材が多く入っていると、肌を乾燥させる原因になります。

着圧ソックスは伸縮性に富んでいますので、ナイロンやポリウレタンなど化繊素材が配合されているものが殆どですが、その割合が高いと潤いを奪われやすくなってしまいます。

購入する時の箱やパッケージに素材の表記がありますので、痒みをおぼえる方はチェックしてみましょう。

着圧ソックスのかゆみの原因!血行不良!

着圧ソックスを履くとかゆいと感じるケースでは、圧力をかけすぎることによる血行不良が考えられます。

着圧ソックスはメーカーによってかけられるつよさは異なりますが、かゆいと感じるのが頻繁な場合には、圧力が適切でない可能性がありますので注意が必要です。

圧力は自分の脚の太さやむくみ具合によって適切なつよさが異なりますが、明らかにきついと感じたりすぐにかゆい時には圧力が適切でない可能性がありますのでもう少し緩いサイズのものを選んで試してみると良いでしょう。

血行不良になるとかゆみを発症することがあります。

そのままにしておくと足の健康のためにも良くありませんので、気持ちよいと感じられる程度の圧力のものを選びましょう。

着圧ソックスを履くとかゆい時の対処法1:スキンケア

着圧ソックスを履くと痒くなるケースでは、スキンケアが有効です。

特に秋冬は汗をかいにくく保湿力が低下しがちですので潤いにくい特徴があります。

その季節になると着圧ソックスを履いていなくても粉をふいたりかさつきが気になるのが一般的ですので入浴後や気になった時のスキンケアが効果的です。

対処法はうるおい成分の入ったクリームをたっぷりとぬってケアをします。

頻繁に乾燥が気になるときにはクリームタイプがおすすめですが、急いでいるときにはポンプタイプのローションやミルクなどでも同様の効果があります。

この方法は一年中しておくと潤いを守って、ソックスを履いたときのかゆみを減らすことができる効果的で理想的な対処法です。

着圧ソックスを履くとかゆい時の対処法2:室温を下げる

着圧ソックスを履くとかゆい時には、室温が高すぎるケースが見られます。

室温が高すぎると新陳代謝が活発になり、痒みを発症することがあります。

着圧ソックスを履いていると蒸れて履いている部分の血行も良くなりますし、汗をかきやすくなって湿疹や痒みが出てくることが有りますので対処法としては室温を下げることです。

ソックスを履いていて暑いと環境では知らないうちにソックスの中が蒸れて痒みの原因になることがあります。

適温で過ごしていればそうしたトラブルも起こりにくくなりますので、室内の温度を下げて様子を見るのがおすすめです。

室温を下げてかゆみが治まる場合には、暑さによる痒みが考えられますので温度設定に気をつけましょう。

着圧ソックスを履くとかゆい時の対処法3:素材の良い靴下に変える

着圧ソックスを履くとかゆい時の対処法としては、素材の良い靴下に変える方法です。

先述したような化繊の素材のソックスは肌の潤いを奪ってしまい、保湿力を低下させるためかゆみを感じやすくなります。

天然素材でできたソックスなら潤いを守ってかゆみを抑えますし、クリームを併用すればさらい潤いを閉じ込めやすくなります。

肌が弱い人に特におすすめの素材はシルク素材です。

シルクは天然の保湿成分で潤いを守ってくれますしかゆみが出やすいアトピーなどでも安心して使うことができる素材です。

絹100%で着圧するのは難しいですが、化繊と混紡でも配合されているとかなり保湿力や保温力に差が出ます。

同様にコットン素材も肌に優しい素材です。