着圧ソックスはエコノミークラス症候群の予防効果なし?詳しく解説!

着圧ソックスでエコノミークラス症候群が予防できるといわれていますが本当なのでしょうか。

詳しく解説していきます。

着圧ソックスでエコノミー症候群予防ができる理由!

エコノミークラス症候群という病気が注目を集めるようになってきているために、その病名を耳にした人も多いことでしょう。

着圧ソックスを着用することで、エコノミークラス症候群を発症する可能性を低くすることができますので、長時間同じ姿勢をとることが日常的である人や、立ち仕事が多い人にとっては手放せない製品となっています。

着圧ソックスは、強い圧力をかけられるように編まれている生地で作られたソックスです。

足首の部分からふくらはぎにかけて段階的に着圧力を変えていくことによって、血液のめぐりを促進して下肢に老廃物を多く含んだ血液が滞留することを防ぎます。

エコノミークラス症候群の原因は、同じ姿勢を続けることで血流が少なくなった影響により血液のかたまりができてしまうことにあります。

そのため着圧ソックスをはくと下肢から上半身に血液の循環が促進されて、血流の対流を予防できることとなります。

エコノミー症候群とは?どんな病気?

長い時間座っていたり、姿勢を変えずに立ちっぱなしでいたりすると、血液の流れが滞るようになります。

そこに水分補給が不十分であるなどの条件が加わると、血液の中の水分が減少し、いわゆる「ドロドロ」の状態になってしまいます。

通常はそのような状態の血液は静脈を通じて心臓に戻り、再び新鮮な血液となって全身に届けられるのですが、足の部分にたまった血液がそのまま固まって血栓を生成し、それが血管を詰まらせてしまうという病気がエコノミークラス症候群です。

飛行機のエコノミークラスのように狭い場所で長時間同じ姿勢を続けている人に発症することが多く、この名称が広く知られるようになりました。

この病気の恐ろしいところは、血管が詰まるということでそのまま命の危険に直結する可能性があるということです。

しかし着圧ソックスをはき、水分をしっかりと補給することなどで予防をすることもできますので、適切な対策を知っておくことがとても重要です。

エコノミー症候群予防の着圧ソックス選びの注意点とは?

どのような着圧ソックスを選べばよいのかと悩んでいる人も少なくありません。

ドラッグストアやインターネット通販では多くの種類の着圧ソックスがあり、人によって着用感に差が感じられることもあります。

実際に生地を触れて確かめられるようなコーナーが設けられている店舗もありますので、圧力の強さを実感してみるというのも良いでしょう。

丈の長さは、通常のソックスと同じものから、膝上まである長さのもの、タイツやストッキング状となっており骨盤までサポートするものなどがあります。

タイツやストッキングのタイプの着圧ソックスは、太腿の部分にも着圧がありますので、より効果の高さが期待できますが、着用すると圧迫が強く感じることもあります。

いろいろな丈の長さのものを試してみると良いでしょう。

就寝時にはいてリラックスをするための爪先のないタイプも人気となっています。

翌日にスッキリと起きることができるということで、愛用している女性も多く見られます。

エコノミー症候群予防の着圧ソックス利用方法は?

通常のソックスと同じように、仕事中に着圧ソックスをはいているだけでもマッサージ効果によって足にたまった血液を効率よく循環させることができます。

ストレッチや運動をするなど、特別な行動をすることも必要がありません。

はいて歩くという日常的な行動を行うことでしっかりと圧力がかかり、血液のめぐりが良くなります。

エコノミークラスの座席に長時間座っている場合には、少しでもリラックスしたいということでソックスを脱ぎたくなる人もいるかもしれませんが、着圧ソックスはきつく感じられてもそれが効率よく足をマッサージする効果を与えていることになりますので、フライト中は着用したままということが重要です。

就寝時用の着圧ソックスとしてやや圧力の軽い製品や、爪先の空いた開放感のあるタイプもありますので、好みに合わせて選ぶことがおすすめです。

エコノミークラス症候群の予防には、水分の補給も大切なので、必ずこまめに水を飲むなどの対策も行いましょう。