【飛行機用】着圧ソックスおすすめランキングとその効果!

どの着圧ソックスがよいのか悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、飛行機用の着圧ソックスのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

飛行機用おすすめ着圧ソックスランキング!

おすすめの着圧ソックスを紹介していきます。

1位:ドクターショール フライトソックス

ドクターショール フライトソックス
ポイント
  1. 英国の圧力値標準規格をもとに開発された段階圧力ソックス
  2. コットン風のやわらかい素材感
  3. 男女兼用
  4. 手軽にはけるひざ下ソックスタイプ
価格 2,160円(税込)
素材 ナイロン、ポリウレタン
サイズ 男女兼用M
男女兼用L
カラー ブラック

2位:エクスレッグスリマー

エクスレッグスリマー
ポイント
  1. 足がドンドン細くなる魔法のストッキング
  2. 徹底的に分析された加圧構造
  3. 必要なのは付けて寝るだけ
  4. 下半身をくまなく刺激効果
価格 4,276円(税込)
素材 ナイロン90%
ポリエステル5%
ポリウレタン5%
サイズ レディースサイズ
カラー

3位:オヤスリムプラチナイト

オヤスリムプラチナイト
ポイント
  1. 履いて寝るだけで翌朝すっきり
  2. 静脈に着目した圧力設計
  3. 3つのサイズと2つの長さから選択可
  4. カラーミックス出来る3色のカラー
価格 6,264円(税込)
素材 キュープ®
サイズ M
L
LL
カラー ブラック
ピーチ
ミント

飛行機用着圧ソックスのメリット・デメリット!

メリット・デメリット
飛行機用の着圧ソックスのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 長時間フライトのむくみ・乾燥・冷え対策になる
  • エコノミークラス症候群対策になる
  • フライトの気圧を考慮した着圧設計
デメリット
  • フライト専用品を購入しなくてもよいかも?
  • フライト専用にするとコスパが悪い
  • 締め付け感はあるので嫌いな人は嫌い

フライト用の着圧ソックスを利用することで長時間同じ体制でいることから発生するむくみやエコノミークラス症候群の対策が可能です。

ただ、飛行機用の着圧ソックスを利用する必要性はあまりないかもしれません。フライトを考慮した着圧設計されているものの、脚に必要な着圧には個人差もあるので、必ずしもフライト用のものがよいとは言い切れません。

飛行機用着圧ソックスがおすすめな人・おすすめじゃない人!

おすすめな人・おすすめじゃない人
メリットデメリットを踏まえて、どんな人におすすめできて、どんな人におすすめできないのか解説します。

おすすめできる人
  • 長時間フライトが毎月ある
  • フライトの度にむくみや疲れに悩まされる
  • エコノミークラス症候群になったことがある
おすすめできない人
  • 飛行機に乗る機会はあまり多くない
  • 飛行機以外でもむくみや疲れ・冷えに悩んでいる
  • すでに着圧ソックスを持っている

飛行機用の着圧ソックスはフライトの機会が多い人や特にフライト中のむくみ・疲れの症状が気になる人にはおすすめです。

ただ、飛行機に乗る機会がそれほど多くないなら、フライト専用品を購入するのではなくノーマルタイプの着圧ソックスを利用してもよいでしょう。

QA1:飛行機用着圧ソックスを利用する効果は?

飛行機で移動するときは、かなり時間がかかることが多いです。

何時間も十何時間も同じような姿勢でい続けると言っても良いかもしれません。

なるべく立ち上がってトイレなどへ行って体を動かしたほうが良いです。

しかし、それでも限界はあるでしょう。

飛行機用着圧ソックスを履くとエコノミークラス症候群を予防できます。

何時間も何十時間も同じ姿勢でいるとエコノミークラス症候群になる恐れがあります。

血流が滞ってしまい、血栓と言う血の塊ができる症状です。

血栓ができただけでは特に症状はないでしょうけれども、その血栓によって血管が詰まってしまうと大きな病気へと発展しかねません。

単に着圧ソックスを履くだけでもエコノミークラス症候群を予防できますが、なるべく水分を摂るようにしたほうが良いです。

あまり席を移動したくないからジュースや水などを飲まないようにする人もいますが、血栓ができやすくなるので水分補給は万全にしましょう。

席を立って歩く方が良いですが、席に座った状態で足をマッサージするのもお勧めです。

足の血流が改善されるので、血栓ができにくくなります。

このひと手間を行うだけでも全然違います。

座っている間にずっと行う必要はありませんが、たまにやってみてください。

QA2:飛行機用着圧ソックスは妊婦・妊娠中に利用してもよい?

妊婦は他の人と比べてもむくみやすいのでよりむくみ対策をする必要があります。

子宮が大きくなりますから、人一倍むくみやすくなっているので、妊娠前から悩んでいた人ならなおさら対策を怠らないようにしてください。

妊婦であっても飛行機用着圧ソックスは履いても問題ありません。

かえって履いたほうが血流が滞らなくなったり、血栓ができにくくなるので履いてみてください。

乗ってから履くのは機内はあまり広くありませんし、お腹が大きいと履きにくいので、事前に履いておくようにしましょう。

体が冷えやすい妊婦にも良いかもしれません。

飛行機用着圧ソックスを履いていると血液循環が改善されるために、冷えにくくなるはずです。

夏でも意外と冷えることがあるために、体を温めるという意味も含めて履いてみませんか。

妊婦であってもできる限り飛行機用着圧ソックスだけに頼らないようにしましょう。

トイレに立つなどで席を立って体を動かしたほうが良いです。

また、水分補給も適度に行うようにして血栓を作らないように気を付けてください。

トイレが近くなると思って避けがちですが、逆にトイレに立つ機会が多くなるのでエコノミークラス症候群を予防できると考えてみませんか。

QA3:飛行機用着圧ソックスは長時間利用してもよい?

圧がかかっていますので、あまり長時間利用しないほうが良いと着圧ソックスは言われることがあります。

確かに、圧がかかり続けることでかえって疲れてしまうことはあります。

ただ、フライト中であれば履き続けていても特に問題はないでしょう。

フライト中はなるべく体を動かしたり、足をマッサージしたりするようにしていても、普段の生活と比べれば体をあまり動かせないので、飛行機用着圧ソックスを履いていたほうがエコノミークラス症候群を予防できます。

だから、長時間利用を心配するよりも血栓ができる心配をしたほうが良いです。

あらかじめ、トイレの近くの席を取っておくのも良いかもしれません。

そうすれば、トイレに行きやすいからです。

逆にトイレまでたくさん歩きたいと思ったら、トイレから遠い席を選ぶなど考えて席を選んでみませんか。

あまり長時間の利用を気にする必要はありません。

乗り換えることがある場合は、乗り換える空港で一度脱いで、また飛行機に乗る時に履くようにしてみてください。

どうしても長時間の移動だから気になる人は、圧が高すぎない飛行機用着圧ソックスを選んで履てみませんか。

圧が高すぎなければ、締め付けが強すぎないので疲れることもないはずです。