【産後用】着圧ソックスおすすめランキングとその効果!

どの着圧ソックスがよいのか悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、産後用の着圧ソックスのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

産後用おすすめ着圧ソックスランキング!

おすすめの着圧ソックスを紹介していきます。

1位:エクスレッグスリマー

エクスレッグスリマー
ポイント
  1. 足がドンドン細くなる魔法のストッキング
  2. 徹底的に分析された加圧構造
  3. 必要なのは付けて寝るだけ
  4. 下半身をくまなく刺激効果
価格 4,276円(税込)
素材 ナイロン90%
ポリエステル5%
ポリウレタン5%
サイズ レディースサイズ
カラー

2位:スラリスリム

スラリスリム
ポイント
  1. 段階着圧構造で適度な着け心地
  2. 履いて寝るだけ翌朝スッキリ
  3. ニーハイで太ももまでカバー
  4. 選べる3色のカラー
価格 1,890 円(税込)
素材 ナイロン90%
ポリエステル5%
ポリウレタン5%
サイズ フリーサイズ
ロング
カラー ブラック
パープル
ピンク

3位:履くだけイージースリム

履くだけイージースリム
ポイント
  1. ヨガの理論に基づいた圧着レギンス
  2. 骨盤の歪みを360度全方位からサポート
  3. レギンス入浴ダイエットにも使用可
  4. 通気性が良く蒸れにくい
価格 4,298円(税込)
素材 ナイロン89%
ポリウレタン11%
ゲルマニウム・チタン・銀配合
サイズ フリーサイズ(ウエスト:64cm~77㎝ / ヒップ:87㎝~100㎝)
カラー ブラック

産後用着圧ソックスのメリット・デメリット!

メリット・デメリット
産後用の着圧ソックスのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 代謝の促進により産後ダイエットをサポート
  • むくみや冷え対策になる
  • 血行改善により栄養吸収力をサポート
  • 授乳期間中でも母乳への影響なし
デメリット
  • 日々は履き続ける必要がある
  • 安物を買うとかゆみやチクチク感がある

産後用着圧ソックスを利用すると産後ダイエットのサポートや栄養吸収効率を高めてくれます。気になる授乳期間中でも影響はないので安心して使えるのもうれしい点です。

一方で、買っただけでは効果はなく履き続ける必要があり、安物だと着衣ストレスがあるかもしれません。

産後用着圧ソックスがおすすめな人・おすすめじゃない人!

おすすめな人・おすすめじゃない人
メリットデメリットを踏まえて、どんな人におすすめできて、どんな人におすすめできないのか解説します。

おすすめできる人
  • 産後ダイエットをしたい人
  • むくみ・冷えなどの対策したい人
  • 赤ちゃんの健康も考慮したい人
おすすめできない人
  • ダイエットの必要はない人
  • むくみや冷えとは無縁な人
ダイエットサポート効果抜群
産後用の着圧ソックスは毎日使い続ける必要はあるものの、手軽なダイエットサポート商品です。赤ちゃんへの影響もないので、赤ちゃんに負担をかけないダイエット方法を探している方におすすめです。
また、むくみ・冷え対策にもなるのもうれしいですね。

QA1:産後に着圧ソックスを利用するとむくみの解消?

産後は子育ても忙しくて服装など気を使っていられないかもしれませんが、着圧ソックスを履いておくとむくみや倦怠感等が軽減されます。

そもそも出産をするとなぜむくみや倦怠感が出てしまうのかというと、出産をしたときに大量の水分を失ってしまうためにそれを補うために体が水分を補充しようとするからです。

また妊娠中そして産後はホルモンバランスが乱れているために、体の代謝が悪くなり老廃物が溜まりやすくなっています。

そこに骨盤の歪みや運動不足が加わると、足がむくんでしまうのです。

その状態で着圧ソックスを履いてみると、足に圧力がかかることで血管やリンパ管にとってポンプの役割を果たす筋肉をサポートします。

すると水分や老廃物は流れ去っていき、やがては足が妊娠前のようにスリムになっていきます。

ただし、着圧ソックスの締め付けがきついと逆に血液やリンパ液をとめてしまいますから、適度な圧力でなければいけません。

日中で起きているときと寝ているときでは、姿勢が違うことから締め付けに必要な圧力が変わってきます。

寝ているときは少しの圧力で血液やリンパ液が流れるので使い分けるようにしましょう。

また体調によっても適切な圧力が変わってきます。

QA2:産後入院中の着圧ソックス利用方法は?

着圧ソックスは産後のむくみを解消するために、とても役立つものですが、産後入院中においては外出もできないので、余計に締め付けすぎないように気をつけなければいけません。

まずは、出産をした産婦人科や助産院などで担当の医師や助産師に相談をしてから使い始めたほうが良いでしょう。

そして、1日じゅう履くことがないように、決められた時間は着圧ソックスを履くようにする、と言ったルールを決めておきます。

寝る前に時間を設定していると、そのまま寝てしまうかもしれません。

日中に履くような強い圧力の着圧ソックスを履いたままだと、締め付けが強すぎて血液やリンパ液の流れが滞るので危険です。

安全を考えると確実に起きている時間だけにしておくほうが良いです。

履くときには出産で体力を消耗しているかもしれませんが、たるませたり引っ張りすぎたりしないように注意をしましょう。

着圧ソックスは部位ごとに適切な圧力となるように設計されています。

もしもの設計とずれてしまったら、想定した効果を得られません。

大事なこととしては、もうひとつ着圧ソックスはあくまでもむくみの解消を促すものではありますが、それと同時に食事や運動などを気をつけることを基本としておくことです。

QA3:利用期間は?産後どれくらい使うのがいい?

産後に起こりやすくなるむくみを解消するために着圧ソックスは、どのくらいの期間を履くことになるのかというと一般的に1ヶ月はむくみやすいとされていますから、同じくらいは履いておいたほうが良いです。

とはいえ、原因となるホルモンバランスの乱れなどは個人差がありますし、出産で自然に分娩したのか帝王切開をしたのかといったことでも、おかれている状態が変わってきます。

人によっては1ヶ月以上経過しても、むくみに悩まされることがありますからそれに応じて使うのが良いでしょう。

着圧ソックスのお陰で血液やリンパ液の流れが良くなるとしても、水分や老廃物の排出は毎日少しずつ行われていくものですから、効果が出るまでに時間がかかります。

1日あたりどのくらいの時間が目安になるのかということですが、それには限度が決められていません。

ただし、締め付けている時間が長すぎると、逆に血管やリンパ管が閉塞してしまうリスクがありますし、本来ポンプの役割を果たす筋肉が使われなく成って衰えてしまいます。

短ければ1日に10分程度でも効果が出るという製品もありますから、なるべく短めにしておいたほうが良いでしょう。

産後は風呂にはいることが出来ませんが、足湯くらいはできるので使う前には足を温めて血流を良くして使うとむくみが取れやすくなります。